男性更年期障害はテストステロン(男性ホルモン)の減少が主な原因です。

そのため「男性更年期障害になったら薄毛が解消されるの?」と思われる方も多いようです。

それは『男性ホルモンが多いと薄毛になる』という説が巷でウワサされているからかもしれません。

しかし男性ホルモンが多い=薄毛というのは実は誤解があるようです。

そして男性更年期障害と薄毛にも直接的な因果関係はありません

ただストレスは薄毛と男性更年期障害には関連があるので、間接的には関係がある可能性はあります

今回は男性更年期障害と薄毛の関係、そして薄毛の本当の原因などについてご紹介したいと思います。

『男性ホルモンが多いと薄毛になる』はウソ?

男性更年期障害はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの減少が主な原因です。

テストステロンは筋肉や骨格をたくましく成長させ、また男性の性器や生殖器をつかさどる、まさに『男性を作り上げるホルモン』です。

一方、薄毛の原因となるのは男性ホルモンの1つである『ジヒドロテストロステロン』と呼ばれるホルモンです。

このジヒドロテストステロンはテストステロンが変換してできるものなので、「男性ホルモンが多いと薄毛になる」と言われやすいのです。

しかし薄毛になる人とそうでない人の違いはどこにあるかといえば、テストステロンやジヒドロテストステロンの量ではなく、その変換に必要な『5αリダクターゼ』という酵素の量にあります。

この5αリダクターゼこそ薄毛の原因となる物質で、5αリダクターゼの分泌量が多い人ほど薄毛になりやすいのです。

したがって男性ホルモン(テストステロン・ジヒドロテストステロン)の量は直接的に薄毛には関係しておらず、更年期障害との因果関係もないと言われています。

ストレスは薄毛と更年期障害に関連がある

薄毛の原因はほかにもあり、よく知られているのがストレスです。

『10円ハゲ』でおなじみの円形脱毛症の原因の1つはストレスにあります。

ストレスによって自律神経のバランスが崩れると、血流が悪くなったり、睡眠不足に陥ったり、また食生活にも影響がでます。

これによって毛根に十分な栄養が行き届かなくなることが、抜け毛の原因になります。

同じくストレスによる自律神経の乱れは、テストステロンの分泌を減少させる原因となります。

そのためストレスも男性更年期障害を引き起こす要因とされているのです。

したがって男性更年期障害によって薄毛になる、ということはなくても、ストレスによって薄毛と男性更年期障害を引き起こす可能性があるかもしれませんね。

男性更年期障害の症状と原因

男性更年期障害の症状には

  • 体のほてり・発汗・頭痛・めまいなどの体の症状
  • 疲れがとれない・やる気が起きない・眠れないなどの精神的な症状
  • 性欲がわかない・勃起しない・トイレが近いなどの性機能に関連した症状

などがあります。

男性更年期障害の原因はテストステロンの減少ですが、その要因となるのは加齢ストレス以外にも

  • 不規則な生活
  • 食生活の乱れ
  • 飲酒・喫煙
  • 肥満

などがあるので注意しましょう。

まとめ

男性更年期障害には様々な症状があらわれますが、薄毛は症状には含まれていないようです。

ただ日常のストレスは自律神経のバランスが崩れることで、薄毛や更年期障害の原因になることがあります。

特に男性更年期障害が起こり始める40代以降の中年期は人生の転換期と言われ、これまで以上にストレスを感じやすい時期と言われています。

忙しい毎日の中でも、気分をリラックスできる時間を持ちたいものですね。