男性にも起こる更年期障害、何歳ぐらいから起こりやすいのか気になりますね。

女性の場合は『閉経する前後5年』が発症時期と言われており、その時期に女性ホルモンが劇的に変化することで更年期障害が起こります。

一方で男性更年期障害もテストステロンとよばれる男性ホルモンの減少が引き金となりますが、そのホルモンの変化は非常に緩やかです。

そのため男性更年期障害は女性よりもはっきりとした区切りが付きにくく、一概に何歳からとは言えないのが現状です。

ただ一般的には早い人で40代以降から男性更年期障害の症状はあらわれるようです。

今回は男性更年期障害が何歳ぐらいからはじまるのか、またどのような症状に注意をすれば良いのかなどご紹介したいと思います。

そもそも更年期とは?

更年期という言葉を調べると、どの辞書にも『女性が閉経する前後数年間』『女性が成熟期から老年期に移行する時期』と女性に限定されています。

つまりもともと更年期とは女性特有のものだと考えられてきたのです。

その理由は女性には閉経を境に女性ホルモンの分泌に劇的な変化が起こるため、それによる様々な体の症状があらわれやすいからです。

一方の男性も年齢とともに男性ホルモン(テストステロン)の分泌は変化していきますが、女性と比べると非常に緩やかです。


出典:順天堂大学医学部付属順天堂医院泌尿器科

このため男性の場合は『〇歳ぐらいからが更年期』と言いづらく、更年期障害も見逃しやすい傾向にあるようです。

40代から注意!『ミドルエイジクライシス』

それでは男性の場合はいつごろから更年期障害に注意をすれば良いのかといえば、だいたい40歳以降からのようです。

実はテストステロンの分泌は年齢だけでなく、肥満や生活習慣にも大きく関係しています。

特にストレスはホルモンの分泌をつかさどる自律神経のバランスを崩すので、テストステロンの分泌を減少させる要因にもなります。

男性の場合、40代以降の中年期は『ミドルエイジクライシス(中年期危機)』と呼ばれるほど、精神状態が不安定になりやすいとされています。

その理由はこの頃が人生のターニングポイントとなり、老後に向かうことを意識し始める年代だからです。

さらに社会的に安定する一方で、親の介護や子供に関する家庭の問題が起き始めたり、また仕事では中間管理職として新たなプレッシャーを受けやすいのもこの時期です。

そのため、この中年期ごろから更年期障害に注意が必要です

こんな症状が気になりだしたら更年期障害を疑う

男性更年期障害はテストステロンと呼ばれる男性ホルモンの減少によって起こります。

その症状は様々ありますが、

  • ほてり・発汗・頭痛・めまい・肩こりなどの身体的症状
  • 無気力・疲労感・倦怠感・不眠・イライラなどの精神症状
  • 性欲の低下・勃起不全(ED)・頻尿・尿の切れの悪さなどの性機能関連症状

などが代表的です。

もし気になる症状があれば内科、精神科、泌尿器科、もしくはメンズヘルスクリニックなどで相談してみましょう。

まとめ

男性更年期障害は女性とは異なり、その発症する時期が定まらないことも特徴の1つと言えます。

また症状も普段なにげなく感じるものから、年齢のせいにして流してしまいがちなものが多いため、なかなか発見しずらいのが実情のようです。

ただ更年期障害は的確な治療を行うことで症状を改善できることがわかっています。

気になる症状があれば、早めに専門医院を受診することをお勧めします。